読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バズレポート

意識高いを目指す大学生の備忘録

【椎木里佳】女子高生社長、経営を学ぶ が叩かれている。

Diary 読書
スポンサーリンク

テスト終わってから生活リズム狂ってる。

どうも、kaitoです。

 

1/29発売の椎木 里佳 著 女子高生社長、経営を学ぶがかなり叩かれているようですね。

椎木 里佳さんと言えば女子高生で株式会社AMFを起業したことで少し有名な方ですが、経営がすごいとかそういうわけではなくて、若くして起業したのと、少しかわいいルックスで話題になったというイメージですね。

「世界の10代を、元気に」を経営理念として掲げていて、事業内容は中高生のマーケティングサポートらしいです。

 

株式会社AMF|女子高生起業家、椎木里佳が代表をつとめる女の子のための会社

 

女子高生社長、経営を学ぶ

女子高生社長、経営を学ぶ

 

 

僕も今回の件で少し調べてみたんですが、やはり話題性は強く、様々なメディアで取り上げられているようですが、事業に関しては目立ったものはなく、完全に勢いということが見受けられますね。

しかし、僕が思ったことは、この年齢で起業するのはすごいってことですね。みなさんも若いからってこの方を叩くことばっかりしてるようですが、高校生で起業しましたかねみなさん。この方がやってることは絶対この人の将来につながりますし、この会社を潰してしまったとしても経験値としてはかなりのものにはなりますよね。

堀江貴文さんの考えでは、若くして起業して経験値を得ることは大事と言っていて、僕はそれが全てだとは思いませんが、そこで一歩踏み出す勇気は素晴らしいですよね。

高校生だからこそ最悪の想定をせずに起業という道を開けられると思うので、この本を読むのは今の中高生くらいの方がいいのではないかなと思います。(たぶんレビューで叩いてるのは大人ですし、、、)

もちろん経験値を貯めて、30歳くらいに起業することが劣っているとも思っていませんし、どっちがいいとかは比べられませんが、リスクを考えると早くして起業した方がいいのかもしれませんね。

これだけ若い社長なので、本当にカリスマの社長になってもらいたいですねー。

メディアにちょこちょこ出て、話題性だけで小銭稼ぎとかだと誰からもいい目では見られないですもんね。

では。

 

 

スポンサーリンク