読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バズレポート

意識高いを目指す大学生の備忘録

「色んな服装を見る。」大学生からのオシャレ入門②

ファッション
スポンサーリンク

最近暖かいぞまじで

どうも、kaitoです。

 

前回の記事の続きです。

「服はサイズ感がすべて。」大学生からのオシャレ入門① - バズレポート

 

大学生からのオシャレ入門とか言ってますけど、服に興味なかった人には誰でもいいのでぜひ読んでいただきたいです。

前回はサイズ感についての知識と、どうやって自分のサイズを測るかという内容でお送りしましたが、サイズがわかっただけでは当然オシャレになりませんよね?

なので今回の記事はどんな服装をするかを考えましょう。

 

僕は中学生の頃、英字プリントが入った洋服を着ていたんですが、その時はそれが一番かっこいいと思って着ていました。それは間違いないです。

なぜか服装に興味を持ち始めると、UNIQLOなんかよりよっぽど英字プリントの服のほうがかっこよく感じてしまうんですよね。

その当時は何でそう思っていたのかを考えると、完全にインプットが不足していました。

ファッション雑誌も読みませんでしたし、ネットで服なんて見ていませんでした。

近くにUNIQLOかしまむらみたいな店しかなく、選択肢が少なかったということもありました。

なので手っ取り早くオシャレになるには雑誌やネット通販(ZOZOTOWNがおすすめ)を見まくりましょう。

見まくることでインプットが増えると共に、自分が着てみたい服の系統がまとまってくるはずです。

そうなったのなら実際に買ってみましょう。

ここでやっと買うのです。

ぱっと見でそこらへんのショップに入ると知識もないのにとりあえず買ってしまうといことに陥ってしまいますので、服に慣れる時こそ浪費を少なくするべきです。

1年も経てば最初に衝動買いした服なんて着なくなってしまいますから。

できるだけ早くおしゃれになるには買いまくるのが一番いいのですが、大学生はそんなにお金がないためそんなことするには、安いブランド手を出してしまいがちです。それを避けるためにインプットをしよう。

 

というお話でした。

 

スポンサーリンク